熊本県職業能力開発協会は、頑張るあなたの能力開発を支援します。

ものづくりマイスター

ものづくりマイスター制度のご案内

熟練技能者の高齢化や若年者を中心としたものづくり・技能離れが懸念される中、技能尊重気運の醸成や産業活動の基礎となる技能者の育成を支援します。
平成29年度は4853人日の実績があります。

ものづくりマイスターはどんな人?
ものづくりマイスターになるには図

熊本県内では129名登録(H30.3)
指導・体験を受けられるのはどんな人?
指導体験を受ける対象図

ものづくりマイスター制度のご案内:リンク用写真ものづくりマイスター制度のご案内.PDF 859KB

ものづくりマイスターの指導対象職種

ものづくりマイスター指導対象分野図

ものづくりマイスターを募集しています

次の認定基準のいずれにも該当する高度な技能を有する方を募集しています。

  1. 技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方
  2. 実務経験が15年以上ある方
  3. 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方

<申請資格>

  1. 応募時に、第三者からものづくりマイスターにふさわしいとして推薦を受けられること
  2. 認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること

<申請方法>

熊本県地域技能振興コーナー(096-289-5015)にお問合せください。

技能継承・後継者育成に意欲を持つ方々の申請をおまちしています。

厚生労働省(申請書はこちらからダウンロードできます→) ものづくりマイスター募集サイトへリンクしますicon-external-link

登録者を調べる ものづくりマイスター検索サイトへリンクします icon-external-link

派遣による指導の実施(実技指導)

企業の若年技能者や高校・大学等の生徒を対象に、要請に応じたものづくりマイスターや熟練技能者を派遣します。技能検定の実技試験課題等を活用した実技指導を行い若年者の技能向上を目的として実施します。

高校生等を対象とした実技指導の様子

ものづくりマイスター:実施写真1ものづくりマイスター:実施写真2

指導内容は?
・技能検定試験(2級・3級)の実技試験課題を活用した指導
・技能競技大会(技能五輪全国大会、若年者ものづくり競技大会)の競技課題を活用した指導
実施日数や時間等は?
・競技課題を基にした比較的長期の実技指導の場合(一般)20回まで(要相談)
・技能検定の実技課題を基にした比較的短期の場合(学生生徒)1回から10回まで
・時間は1回3時間程度
材料費や講師謝金等の費用は?
実技指導に係る講師謝金及び材料費については、熊本県技能振興コーナーが負担します。
ただし、材料費は、受講者一人当たり、1日につき2,000円(税別)以内を上限とし、これを超える場合は依頼者の負担になります。

(例)10人の従業員に対して5日間、実技指導を実施した場合の材料費
10人×5日×2,000円(税別)=100,000円(税別)以内を熊本県技能振興コーナーが負担します。

ものづくりマイスターの活用好事例集・体験事例集はこちらからダウンロードできます。icon-external-link

実技指導申込みの流れ

ものづくりマイスター実技指導申込みのフロー

実技指導申し込み各種様式    NEW

学校(教育機関) 企業・団体
①援助申込書(共通) Word    PDF    記入例
②実技指導申込書 Word    PDF    記入例 (ものづくりマイスター)

Word    PDF    記入例 (熟練技能者)

Word   PDF    記入例
③受講計画表(共通) Word    PDF    記入例
④受講者名簿
※フリーフォーマット可
Excel    PDF    参考掲載
手持ちの名簿があれば対応可能です。
Word    PDF

お問い合せ先:096-289-5015

PAGETOP
Copyright © 熊本県職業能力開発協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.